スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.06.10 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    東京で応援ナースとして働くメリットとデメリットは?

    0
      東京で応援ナースとして働くメリットとデメリットです。
      私が感じたものですが。
       


      <メリット>


      6ヶ月間の短期で東京での看護師勤務を経験できる

      ・給与が驚くほど高い、45-50万円でした(地元では多い時でも30万円くらい)

      レベル高い医療技術に触れられる

      ・意識の高い看護師とともに働くことで、刺激をたくさん受ける

      ・住宅を用意しなくて大丈夫。病院側が病院から近いレオパレスを用意してくれました。

      ・休日に東京観光を楽しめる

      6ヶ月の限定だったので、人間関係で嫌なことがあっても、終わりが見えているので乗り越えられた(正社員看護師と応援ナースとの関係があまり良くなかった)
       


       
      <デメリット>


      ・初日からほぼ放置され、慣れるまでの1,2週間は戸惑いと、本当に困ることがあった(先に働いていた応援ナースの方々がいろいろと教えてくれたので助かった)

      ・正社員看護師と応援ナースの関係があまり良くなくて、あからさまに雰囲気が悪い時があった
       
       


      個人的にはそれほど嫌なことはなかったけれど、正社員看護師と応援ナースの関係があまり良くなくて、人間関係で悩んでいる応援ナースもいました。
       
      人によっては応援ナースの方が正社員看護師よりも給与が高いことがあるので、夜勤で一緒になると、「給与高いあなたがやってよ」と業務をフラれることもあったそうです。
       
       
      あとは、スペシャリストナースとして、即戦力として、業務に就いているので仕方ない部分もあると思うのですが、初日からほぼ放置というのは結構困りました。
       

      みんな忙しいので、あれこれ細かいことまで聞くわけにもいかないし、だからといって、担当になった業務もあるのでやらないわけにもいかないし。
      そんな時に助けてくれたのは、同じ応援ナースである先輩看護師でした。
      応援ナースが多い病院では、応援ナース同士の助け合いが多いみたいです。
       
       
      それと、時には、スペシャリストナースとして高いお給料をいただいていましたが、それほどの働きをしているのか、自分に自信が持てない時がありました。
       
      でも、一生懸命やるしかないので、「給与が高いのは東京だから!」とある意味割り切って、与えられた業務をとにかくがんばってこなしました。
       


      私は自分の業務と患者さんに集中すると、あまり周りが気にならないタイプなので、看護師同士の人間関係とかは、思い悩むほどにはなりませんでしたが、あまりにも雰囲気が悪い時には少しストレスを感じました。
       
      それでも、応援ナースを何年もやっている人の話では、私が行った病院は良い方で環境的には恵まれていたそうです。
       
      ひどいところだと、正社員看護師が1日で辞めたり、明らかにブラックっぽかったり、大変だそうです。
       
       
      勤務する病院は、ナースパワーの担当者から紹介があると思いますが、自分自身でも調べられるだけは調べて検討して、決めた方が良さそうです。
       

      都市圏応援ナースとした働く時の給与と待遇

      0
         

        東京に短期契約で働きに行く「都市圏応援ナース」。
        都市圏応援ナースの給与は、厳しい条件を定めていて、即戦力で働けるスペシャリストナースのみの制度のため、高収入&高待遇となります!!


        看護師     給料 45万〜50万円(夜勤手当込み)
        准看護師 給料 37万〜40万円(夜勤手当込み)


        勤務時間数や夜勤の回数などにより幅がありますが、給与条件は全国どこの病院も同様となるそうです。
         
        私は看護師なので、約45万〜50万円。きちんともらえましたよ!
         
         
        また実際に赴任する際は、引っ越し代金の負担や赴任準備金を支給してくれるところもあります。
        お得ですよねー。
         
        それから、赴任後の住宅ですが、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの基本的な電化製品が揃った寮もしくはアパートが用意されています。
        そのため、赴任時に用意するものが最低限の身の回りのものと衣類くらいで良いというのは嬉しいポイント!!
         
        スーツケース一つで行けちゃいます。
         
         
        そして、住宅費用は12.5万円程度で赴任先により異なります。
        都市圏にも関わらず、低価格で住めるというのは大きな利点ですね。
         
         
        いずれも高待遇である理由は、即戦力で働く、スペシャリストナースだからこそ、というのを忘れちゃいけないです!
         

        その他詳細については、応募前に、ナースパワーの担当者に確認すると良いかも。
        募集要項に明記されていないこともあるし、公表されていないこともあったり。
        担当者だけが知っている細かい情報というのもありますので、応募先の情報は何でも聞いておいた方が絶対に得ですよ!
         
        赴任後に、思っていたのと違う・・・ という風になってしまったら大変〜。
        半年といえども、働く気もなくなって、すぐに帰りたくなっちゃいます。
         
         

        | 1/1PAGES |